消費財

消費財

食品・アパレル・日用品など消費財業界では、国内消費支出の長期的低迷により、企業間の競争が一層激化することが予想されます。また、成長力の高い新興国市場では巨大なグローバル消費財メーカーとの競争にも直面することになります。このような環境下、日系消費財メーカーは今後10年で多様なパートナーシップを模索していくことになるでしょう。特に海外市場では自社ブランドの認知向上から流通チャネル構築まで自前でスピーディに行うことが難しく、M&Aを含めたパートナーシップが非常に重要になります。

この際不可欠なのは、「成長戦略と(M&Aを含む)パートナーシップ戦略の統合的な構築」です。従来日本の消費財メーカーは、M&Aを成長戦略とは別の偶発的機会として位置付け、経営計画の中で十分に検討しない傾向が目立ちました。しかしそれでは案件の有無や競合の動向に振り回され、地に足着いた成長は難しいでしょう。むしろ、自社の成長にとってどのような資源の補完が必要か、そのためにどんなパートナーシップが必要で、どこにその機会が生まれそうかを自律的・主体的に検討し、全社の成長戦略の中に位置づける必要があります。

弊社消費財チームでは、戦略コンサルタントとM&Aアドバイザリーのプロフェッショナルとが一体でチームを運営することで、クライアント企業様の成長戦略とパートナーシップ戦略の統合的な検討を支援し、確実な成長の実現に貢献いたします。

担当メンバー

Service サービス

ページTOP

ご相談・お問い合わせ

アクセス

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

アクセス

お問い合わせ