素材/化学

素材/化学

日本の素材業界は、1980年代まで内需拡大とともに成長してきました。1990年代から内需が伸び悩む一方、アジア各国の存在感が高まってきました。2000年代半ば以降、鉄鋼、セメント、合繊原料に代表される化学製品は、中国の需要を上回る設備投資の影響によりアジアで供給過剰となっています。今後、素材産業は、さらなる内需縮小とアジア企業との競合が激しさを増していくことが予想されます。

日本企業には、国内では製造コスト低減のための業界再編の進展、アジア企業との差別化のため高付加価値製品の比率を高めることなどの対応が求められます。高付加価値材料においても、アジア各国との競争は激しさを増しています。半導体材料・液晶材料においても、韓国・台湾・中国の企業の存在感が高まっています。日本の素材産業は、新エネルギー・環境・ヘルスケア・消費財など、国内外のユーザー業界と密接な関係を築き、新しい価値を絶えず供給することが必要となっています。このためには、個別企業において既存製品における存在価値の見直し、世界に通用する技術は何か、など企業戦略の設定が大変重要となってきます。

フロンティア・マネジメントにはこのような素材産業が直面する課題に取り組んできた実績があります。お客様が抱える問題に合わせ迅速な対応を提案させて頂きます。その際には、素材産業を担当してきたアナリストもその経験を活用しお役に立ちたいと考えております。

Service サービス

ページTOP

ご相談・お問い合わせ

アクセス

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

アクセス

お問い合わせ