西田 明徳

常務執行役員
経営執行支援部長

西田 明徳 Akinori Nishida

職歴

会計事務所勤務を経て、2003年に国内系事業再生ファンドが出資する㈱スイートガーデンの企業再生に参画。経営企画部長を経て、2005年に執行役員管理本部長に就任。2007年にフロンティア・マネジメント㈱に入社し、2010年にマネージング・ディレクターに就任。2012年のフロンティア・ターンアラウンド㈱(100%子会社)設立時に代表取締役専務、2016年に代表取締役社長に就任。2017年よりフロンティア・マネジメント㈱常務執行役員を兼任。

実績

会計事務所業務では、中堅企業の戦略策定から組織再編、経営コンサルティング、株式公開準備支援など主にマネジメントの参謀として従事。中でも、全国展開する非上場の外資系飲食企業では、CFOとしてハンズオン型の経営執行業務に従事し、資金調達などファイナンス面での企業価値向上に関与。

PEファンドが出資する㈱スイートガーデンでは、BPOなど財務リストラを中心に経営改革を行い、LBOローンのリファイナンスを実現。その後成長ステージでの経営執行を行い、国内の事業会社に全株式を譲渡する再生終結まで関与。

フロンティア・マネジメント㈱では、2008年より、主に交通運輸業、小売事業、観光事業などを中心としたコングロマリット企業であるアルピコグループ(松本電気鉄道グループ)の私的整理に関与、その後、常務取締役として経営に参画し、構造改革を中心に経営執行業務に従事。2011年より2014年まで同社グループの取締役を務める。

2012年より昭栄㈱(現、ヒューリック㈱)の取締役に就任、合併まで(2012年)の期間担務。

2017年よりWILLER株式会社取締役就任。

その他

『私的整理計画策定の実務』共著(㈱商事法務 2011年)、『プロフェッショナル経営者とバイアウト』共著(中央経済社 2012年)等の著書、『季刊 事業再生と債権管理』2015年春号〔特集 コーポレートガバナンスをめぐる諸問題〕内「事業再生とコーポレートガバナンス」(一般社団法人 金融財政事情研究会2015年)等の寄稿。早稲田大学ビジネス情報アカデミー インベストメント・バンキング講座講師(2012年12月~)。

学歴

大阪府立大学大学院経済学研究科修了、税理士

ページTOP

ご相談・お問い合わせ

アクセス

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

アクセス

お問い合わせ