佐伯 俊介

マネージング・ディレクター
ビジネス・リストラクチャリング・アンド・イノベーション部長
兼 ヘルスケア室長 
兼 リスク・アンド・クライシス・アドバイザリー室長

佐伯 俊介 Shunsuke Saeki

職歴

1998年に東京弁護士会弁護士登録(50期)。東西総合法律事務所を経て、2003年からシカゴのKirkland & Ellis LLPに所属。2005年にJones Day東京事務所、2007年からAllen & Overy東京オフィスを経て、2010年にフロンティア・マネジメント㈱に入社し、2013年にマネージング・ディレクターに就任。

実績

東西総合法律事務所では、主としてM&Aやエクイティ投資案件を担当する他、証券訴訟、知的財産権訴訟を含む多くの訴訟案件に関与。

Kirkland & Ellis LLPでは、日本企業をクライアントとする大規模特許訴訟に従事。

Jones & Dayでは、国内外のM&A案件を数多く担当。また、不動産ファンドや政府系ファンド等による国内不動産への投資案件、欧米PEファンドによるジャパン・ファンド組成に関する助言などにも従事。

Allen & Overyでは、主としてクロス・ボーダーのM&A案件やファイナンス案件を主導する他、欧州エクイティ投資家を代理した税務訴訟等に従事。

フロンティア・マネジメント㈱では、複数の債権者・利害関係者が関与する複雑な私的整理案件を主導。主要債権者団による各種金融支援を内容とする再生計画のとりまとめ、スポンサー招聘による再生のプランニング及びその実行支援、資産売却等の企業の自助努力による費用削減と銀行団によるリスケジューリングを内容とする再生計画案の取りまとめ等、計画の実現可能性を見据えた合理的な再生計画案の策定を立案段階から支援するとともに、計画の成立・実行に向けた利害関係者間の調整をサポートする。

2007年には、経済産業省「MBO取引等に関するタスクフォース」のメンバーを務める。

学歴

同志社大学経済学部卒業、Northwestern University School of Law (LL.M. and Certificate in Business Administration) 修了、弁護士(東京弁護士会、50期)

ページTOP

ご相談・お問い合わせ

アクセス

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

アクセス

お問い合わせ