フロンティア・マネジメント株式会社

阿部 敬

執行役員
ファイナンシャル・アドバイザリー部門
兼 グローバルイノベーション推進室

阿部 敬 Takashi Abe

職歴

1991年野村證券㈱に入社。札幌支店、引受審査部を経て1999年に野村企業情報㈱(現、野村證券㈱企業情報部)に出向。以降、野村證券㈱において一貫してM&Aアドバイザリー業務に従事。2016年みずほ証券㈱に入社。法人本部副本部長として中堅企業向けのIBビジネス全般を担当。
2019年にフロンティア・マネジメント㈱に入社。

実績

野村證券㈱では金融セクターや事業再生のM&A、同社の国内営業部門の中堅企業のM&Aに幅広く関与。主な案件としては大同生命と太陽生命の経営統合、産業再生機構によるカネボウ化粧品の取得・カネボウ本体への支援、MTFGとUFJHDの経営統合、トーメンと豊田通商の合併、住友商事とSMFGのリース・オートリース事業の共同事業化、十六銀行による岐阜銀行への出資、MUFGの国内ノンバンク事業のM&A(アコム、ニコス、カブドットコムの子会社化やモビットの事業分離)、三井住友海上.あいおい損保・ニッセイ同和損保の経営統合、足利銀行の民営化、中央三井トラストHDと住友信託の経営統合、企業再生支援機構による日本航空への支援、原信ナルスとフレッセイの経営統合、トモニHDと大正銀行の経営統合、日立造船とオーナミの株式交換、日本生命による三井生命の子会社化、常陽銀行と足利HDとの経営統合等、100件超のM&A案件に関与。

みずほ証券㈱では中堅企業向けのIBビジネス全般のサポートを行いつつ、M&Aや事業承継案件等のオリジネーションを担当。M&A案件としてはPCIHDとりーふねっとの株式交換、MSD企業投資によるユナイテッド計画への出資に関与。

学歴

慶応義塾大学経済学部卒業

Service サービス