ジャッジメントイノベーション

NEW

ジャッジメントイノベーション JUDGMENT INNOVATION 意思決定メカニズムの改革が企業を変える

  • 著 者

    大西正一郎、松岡真宏

  • 出版社

    ダイヤモンド社

  • 発行年月

    2013年1月

  • 定 価

    本体1,500円+税

書籍紹介

複雑化・高度化する経営環境の中、プロパーの経営企画部による中央集権的意見集約は限界にきている。経営上の意思決定は従来どのように行なわれ、これからはどのようにあるべきなのか。意思決定メカニズムの在り方を類別し、事例を交えて新たな経営判断の導き方を解説。

主要目次

  • 第一章 「失われた二〇年」から「失われた三〇年」へ 〜日本経済が抱える課題の本質とは?

    1. カネボウ、ダイエーの再生で浮き彫りとなった日本の課題
    2. なぜ日本の産業構造転換は遅れたのか?
    3. なぜ日本企業は低収益体質を克服できないのか?
  • 第二章 自前主義のマネジメントこそが構造転換の障壁 〜日本企業の抱える課題と対応策とは?

    1. 「日本型マネジメント」は限界に達している
    2. 複雑化するマネジメントの実態とは?
    3. リストラだけの収益改善策では行き詰まる
    4. 「経営企画部」だけでは解決できない問題がある
  • 第三章 リスクを織り込んで攻めの経営をするには? 〜混合的意思決定が求められている

    1. 従来の意思決定メカニズムの課題とは?
    2. 「混合的意思決定」が求められている
    3. 意思決定を支援するコンサルティング・ファームの役割
    4. ハイブリット(複合)型 コンサルティング・ファームの特徴
  • 第四章 ケーススタディで見る意思決定のあり方 〜事業再生を成功に導くヒント

    事例1. 【製造業】カネボウの事業再生
    事例2. 【流通業】ダイエーの事業再生
    事例3. 【地方コングロマリット】A社の事業再生
    事例4. 【消費者金融業】B社の事業再生
    事例5. 【流通業】C社の事業再生
    事例6. 【製造業】D社の事業再生
  • 第五章 日本企業の再生と発展のための提言 〜外部コンサルティングのメリットとは?

    1. 総合的ビジネスジャッジのすすめ
    2. 業務効率化のアウトソースから経営企画のアウトソースへ

Service サービス

ページTOP

ご相談・お問い合わせ

アクセス

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

アクセス

お問い合わせ